So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【2018年修行じゃないSFC修行 1-7】朝5時半オープンのレトロなカフェ「オンロックユン(ON LOK YUN / 円楽安)」 [タイ旅行2018年1月]

前の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-6】これは便利! バンコクの路線バスルートがわかるサイト

赤バスに乗って中華街へ

<8:45>

ホテルで荷物を預け、朝食を食べに中華街方面へ移動します。

タクシーでも良かったのですが、ローカルな雰囲気を味わうために、ホテル近くのバス停から25番のバスに乗りました。

赤バスの車掌さん

エアコンなしの赤バスなので、料金はどこまで行っても6.5バーツ。

すぐに車掌さんが回ってきますが、行き先を言う必要がないのでバス初心者でも大丈夫。

10バーツを渡すと、おつりと小さな紙のチケットをくれます。

去年から車内にタッチ式のカードリーダーや料金支払機を設置したバスが登場したけれど、早速不具合が生じているらしい。

本格運用がいつからになるかわかりませんが、将来は小銭の入った金属製の筒をジャカジャカ鳴らしながらやってくる車掌さんの姿も見られなくなるのかも。

なんだかちょっと寂しいですよね。


朝の中華街(ヤワラー)

フアランポーン駅前を通過して中華街(ヤワラー)へ。

朝から活気があるなぁ。


オールドサイアム(オールドサヤーム)という古いショッピングモールの横を通過し、ジャルンクルン通り(チャルンクルン通り)を左折したところで下車します。


ジャルンクルン通りを東に戻ります。

バスが通ってきた方向を見ると、オールドサイアムの建物が見えました。

オールドサイアム

そして交差点の角にはサラ・チャルンクルン・ロイヤルシアターという劇場があり、入口にはハヌマーンの像が設置されています。

サラ・チャルンクルン・ロイヤルシアターのハヌマーン

このハヌマーン、ラグビーの五郎丸ポーズとして話題になったとかならなかったとか…。


時が止まったようなオンロクユン

<9:15>

さらに進むと目的のオンロクユン(オンロックユン / ON LOK YUN / 円楽安)が見えてきました。

オンロクユン(オンロックユン / ON LOK YUN / 円楽安)

周りは大きなビルなのに、ここだけ昔ながらのタウンハウスが残っているのが不思議な感じ。

オンロクユン(オンロックユン / ON LOK YUN / 円楽安)

タイの人たちで賑わっている中、ちょうど壁際の小さなテーブルに着くことができました。

オンロクユン(オンロックユン / ON LOK YUN / 円楽安)のメニュー

メニューを見ると、目玉焼きやスクランブルエッグといった卵料理にベーコン、ハム、ソーセージのセットがメインらしい。

でも、僕が気になっていたのはパンに甘いカスタードをつけて食べる、カノムパン・サンカヤー。

それにタイの甘いアイスティーという、とんでもない組み合わせ。

元々甘党なもんで。

まずはサービスの温かいお茶が運ばれてきます。

Yum18022409.jpg

一年中暑いタイだけれど、冷たいお茶じゃないのは、体を冷やすのは良くないという中国的な考えなのかな?

そしてタイのアイスティー、チャー・イェン。

Yum18022410.jpg

八角(スターアニス)などを加えた紅茶で、砂糖やコンデンスミルクをたっぷり加えて作るので、独特なオレンジ色をしています。

ビックリするぐらい甘いんだけれど、タイの暑さにはぴったりな飲み物。

一口飲めば、一気にタイに来たー!っていう気分になれます。

Yum18022411.jpg

そして、お待ちかねのカノムパン・サンカヤー。

パンと白いコンデンスミルク(?)に囲まれた鮮やかなオレンジ色のエッグカスタードが別皿に盛られています。

いただきまーす!

パンが想像以上にふわふわ!

そしてたっぷりつけたカスタードが甘くて美味い!

あっという間にすべてが胃の中へ収まりました。


ホテルの朝食もいいけれど、こんなローカルな朝食もオススメです。

朝5:30からやっているので、ぜひ早起きしてどうぞ。

店先のショーケースには持ち帰り用のパン、カスタード、そしてバナナケーキが並べられています。

店内のメニューにはないバナナケーキも気になるなぁ。


店舗基本情報

オンロクユン(ออน ล็อก หยุ่น)
ON LOK YUN
72 Charenkrung Road Khwaeng Wang Burapha Phirom, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 Thailand.
(662) 223-9621
営業時間:5:30 - 16:00




ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

タイ関連テレビ放送予定<2018年2月> [テレビ]

気になるタイ関連のテレビ放送予定です。随時更新。

<2/24更新>世界ふれあい街歩き(2/27)追加

チョイ住み in バンコク
◆2月24日(土)19:30~21:00/NHK・BSプレミアム
◆出演:増子直純(怒髪天)、白石隼也
◆語り:YOU
◆番組サイト:チョイ住み(NHK)
バンド「怒髪天」のボーカル・増子直純と人気上昇中の俳優・白石隼也が“ほほ笑みの国”タイ・バンコクで共同生活。51歳の増子は何と初めての海外!活発な白石に…?
不安を抱いてタイに到着した増子。大きなトランクの中には、気持ちを落ち着かせるために持ってきたという、思いも寄らぬカワイイ物が!?一方白石は、「サイクリングに行こう!」「タイ料理を作ろう!」と常にアグレッシブ。慎重に考える増子に対して、当初物足りなさを感じるが、その理由を知って深い感銘を受けていく。旅の後半では、所持金が足りなくなる大ハプニングが発生! バンコクの人を巻き込む起死回生のアイデアとは?
NHKのサイトが凝っていて、なかなか面白いです。





世界ふれあい街歩き
「王朝の面影 アユタヤ~タイ~」
◆2月27日(火)20:00~21:00/NHK・BSプレミアム
◆語り:イッセー尾形、濱田マリ
◆番組サイト:世界ふれあい街歩き(NHK)
タイの古都アユタヤ。栄華を極めた王朝時代の面影あふれる街で、歴代の王をたたえ、互いのつながりを大切にしながら暮らす人々と出会う。
バンコクから列車で約2時間。14世紀中頃から400年あまり、タイの都として栄えたアユタヤには、王朝時代の名残があふれている。世界遺産の遺跡が集まる旧市街で、何百年と続く闘鶏の伝統を守り継ぐ男性、亡き王の墓に王の“好物”を供える家族、幸運を呼ぶ魚の飾り物を作るおしどり夫婦など、日々、祈りをささげながら、おおらかに、つつましやかに暮らす人々とふれあう。「より道」は、タイ屈指の太鼓の村・エカラート。


※放送時間や内容は変更になることがあります。
※東京地方での放送を基準にしています。
※再放送などは省略しています。
※ここに載っていない放送予定などの情報がありましたら、お知らせください。


ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

旅作セールで希望のフライトが選択できない件、解決! [航空券・マイル]

先日、「旅作」のサイトでバンコクから特定の帰国便を選択すると、希望の出発便が選択できなくなる件を書きました。

Yum180216003.jpg
行きのNH849便がグレーになって選択できない…

関連記事
これって新システムのバグ!? 旅作セールで希望のフライトが選択できない…
(2018年2月16日の記事)
2018年2月16日から始まったANA海外ツアータイムセール。
開始の10:00を待って、SFC修行第3弾の予約をするために「旅作」のサイトにアクセスしました…


ANA海外ツアーデスクに電話をしましたが、その場では問題が解決せず、調査をしてくれるとのことだったんですよね。

2日後、希望のスケジュールで予約ができるようになりましたとツアーデスクから連絡がありました。

やっぱり新システムに何らかの不具合があったようです。

もっと時間がかかるかと思っていましたが、週末の2日間でシステム変更してくれたんですね。


結局、希望スケジュールでバンコク往復、プレミアムエコノミー利用、ホテル代(2泊)込みで最低金額は119,000円。

ホテルを1月と同じ「マンダリンホテル・マネージドバイセンター ポイント」に変更すると、13,800円アップの132,800円。

同じスケジュールで航空券だけを購入すると126,520円なので、6,000円ちょっとで2泊できる計算ですね。

1月より12,000円弱値上がりしているので、燃油サーチャージのアップ分を差し引いてもお得感は若干ダウンしています。

それでもほかの日程よりは安いので、「2018年修行じゃないSFC修行第3弾」もバンコク行きに決めました。

もちろんしっかり「ちょびリッチ。」経由で「旅作」の申し込みをしたので、2,000円分のポイントも獲得予定。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


そしてSFC修業ではない普通のタイ旅行も5月にほぼ決定しているので、1月、3月、4月、5月…と、毎月のようにタイに行ける!

今回もマイルから交換したANA SKYコインで支払うので、現金の持出しはゼロ。

去年から陸マイラー活動をしてきて本当によかった!


「(国内)旅作」「(海外)旅作」「ANAスカイホリデー」「ANAハローツアー」に申し込むなら、2,000円分のポイントがもらえる「ハピタス」経由もお得です!
登録後、「ANA SKY WEB TOUR」で検索!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
↑このバナーをクリックして登録すると、30ptがもらえます。


ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

これって新システムのバグ!? 旅作セールで希望のフライトが選択できない… [航空券・マイル]

2018年2月16日から始まったANA海外ツアータイムセール。

開始の10:00を待って、SFC修行第3弾の予約をするために「旅作」のサイトにアクセスしました。

もちろん行き先はバンコクです。


あ、もちろん直接「旅作」のサイトに行くのは損ですよ。

「ハピタス」に登録して、「ハピタス」経由でANA SKY WEB TOUR(「(国内)旅作」「(海外)旅作」「ANAスカイホリデー」「ANAハローツアー」をまとめたサイト)へアクセスしてから申し込むと、現金やマイルに交換できるポイントがもらえます。

Yum180216006.jpg
「ハピタス」では「旅作」で検索しても出てこないので、「ANA SKY WEB TOUR」で検索してください。

しかも今なら500ptが2,000pt(2,000円分)にポイントアップ中!

国内ツアー、海外ツアー、国内旅作、海外旅作が対象なので、「ハピタス」に登録しないと絶対に損ですよ!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
↑このバナーをクリックして登録すると、30ptがもらえます。


「ハピタス」経由で「旅作」にアクセスすると、予約画面が見慣れないものになっているじゃないですか。

あ、そういえば、予約システムが新しくなるっていう告知があったっけ。

2月8日から新システムになっているようです。

SFC修行第2弾は来月なので、第3弾は4月かな。

土日に有休を1日付けて、3日で往復するスケジュールで検索してみましょう。

旅作画面

最初に表示された金額は、132,800円(燃油サーチャージ込み/空港諸税別)。

セールなのに、全然安くないなぁ…、なんて思っていたら、ホテルは最安値ではなく、オススメのもの(エイタス・ルンピニ)が最初に表示されるんですね。

ちなみにプレミアムエコノミー利用で最安値の「コンビニエントパークホテル」を選択すると、113,600円(燃油サーチャージ込み/空港諸税別)でした。

1月のセールでは最安のスケジュールで92,900円だったので、2万円以上高くなってます。

今回はそんなにお得感はないかな…。


フライトスケジュールを確認すると、行きは羽田深夜発のNH849便。

でも、帰りはバンコク深夜発、成田朝着のNH808便。

Yum180216002.jpg

これが最安値なんだけど、多少金額がアップしても、やっぱり羽田に夕方着くNH848便が一番使い勝手がいいんだよな。

そこでNH848を選択してみると…

Yum180216003.jpg



あれ? 行きのNH849便がグレーに色が変わって選択できなくなってる…。

試しに帰りの便をバンコク深夜発、羽田朝着のNH850便にしたらNH849便も選択可。

NH848便を選択した時だけNH849便が選べないというなんとも不思議なことに。

ん〜、何でなんだろう???



他の日程でも試してみたのだけれど、やっぱり結果は変わらないので、ANA海外ツアーデスクに電話をしてみました。

希望のツアー内容と、NH849便が選択できない旨を伝えると、その場でパソコンを操作してくれ、同じ現象が起きることが確認できたようです。

だた、その場では原因不明で、調査をしてくれるということでした。


夕方に一度連絡があったのですが、まだ原因がわからないため、引き続き調査を進めるとのこと。

最低宿泊数(2泊)はクリアしているし、帰りの便によって行きの空席に影響があるわけがないので、これってやっぱりシステムのバグなのでしょうか?

それとも自分が何か勘違いしている?

以前は頻繁にあったという、料金が異常に安くなるバグなら大歓迎なんだけどなぁ。


それからもうひとつ。

最低宿泊数で思い出したけど、最初に表示される帰りがNH808便のスケジュールだと2日目の夜のうちにホテルを出て空港に向かわなくちゃいけないんだけど、これって2泊になるの?

Yum180216004.jpg

以前のシステムでは、最低宿泊数の2泊とみなされず、このスケジュールでは申し込めなかったような気がするんですが…。


いろいろと疑問が残りますが、ANA海外ツアーデスクの回答を待ちましょ。


また、何かこちらの操作の間違いなどに気づいた方がいらっしゃったら、教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いします。


「(国内)旅作」「(海外)旅作」「ANAスカイホリデー」「ANAハローツアー」に申し込むなら、「ハピタス」経由が絶対にお得!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
↑このバナーをクリックして登録すると、30ptがもらえます。


<2/19追記>
無事に問題解決しました。
関連記事
旅作セールで希望のフライトが選択できない件、解決!
(2018年2月19日の記事)
先日、「旅作」のサイトでバンコクから特定の帰国便を選択すると、希望の出発便が選択できなくなる件を書きました…



ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【2018年修行じゃないSFC修行 1-6】これは便利! バンコクの路線バスルートがわかるサイト [タイ旅行2018年1月]

前の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-5】オリエンタルじゃないマンダリンホテルに到着

激安Wi-Fiルータレンタル

今回のバンコク旅行で初体験のもの。

それはWi-Fiルータレンタル。

何を今更と言われそうだけれど、旅先ではあまりネットに縛られたくないので、今まではホテルとせいぜいカフェの無料Wi-Fiで済ませていたんです。

でも今回は久々の一人バンコク旅。

観光地ではない街ブラを楽しみたいなぁと思っていたので、せめて現在地がわかると行動範囲が広がるんじゃないかと、出発前にレンタルWi-Fiのことを調べていました。

そうしたら、旅行記をたまに書いているフォートラベルのWi-Fiがすごく安くて、4G LTE 大容量でも4日間で960円!

フォートラベル GLOBAL Wi-Fi
https://wifi.4travel.jp/

これは借りるしかないでしょ。

事前に申し込みをして、羽田空港のカウンターでWi-Fiルータを受け取りました。


関連記事
【2018年修行じゃないSFC修行 1-1】初めての羽田空港「ANA LOUNGE」
(2018年1月20日の記事)
いよいよSFC修行の開始!
仕事を定時で終え、一度帰宅してからいざ羽田へ。…



バンコクバス事情

バンコクに行くと走っているバスをよく見かけるけれど、いったいどのバスがどこを通っているのかは不明。

バンコクの赤バス

番号は数字で書いてあるけれど、行き先らしきものはすべてタイ語表示。

バス停に行っても系統番号が書いてあるだけで、行き先や路線図、時刻表の類はまったくなし。

バンコクのバス停

これはマンダリンホテル近くのバス停。

4、29、40、113、507、542番のバスが止まることはわかっても、そのバスの行き先がどこなのかはわかりません。

なので、外国人旅行者が使うにはハードルが高い乗り物なんですよね。

まぁ、バンコクはタクシーが安いので、わざわざバスを使わなくても問題なく移動できてしまうんですけど。

でも、バンコクのバスは民間企業に門扉を開いたり、ワンマン化、新型車両の導入を進めようとしていたりと、数年でだいぶ姿を変えそうな雰囲気。

だから、今回はなるべくノスタルジックなバスの雰囲気を味わっておこうと思ったのです。

車掌さんがお金と切符が入った金属の筒をガシャガシャ鳴らしながら車内を周る姿は、いつまで見られるかわからないですもんね。

バンコクのバス車内


そこで今回大活躍だったのが、「Bangkok City Bus Guide」というサイト。

Bangkok City Bus Guide (แผนที่รถเมล์ไทย)
https://bazztsu.blogspot.jp/p/blog-page.html

タイの青年が個人でやっているサイトのようです。

基本的にはタイ語なのですが、系統番号をクリックすると、バスがどこを通るのかGoogleマップ上にルートを表示。

Googleマップなので、スクロールや拡大、縮小も簡単。

バンコクのバスは往復でルートが違うことが多いのですが、それも赤と青の線できっちり分けられています。

また、更新も早く、今年1月に走り始めた「R26E」や今月からという「Y70E」という新しい路線もすでに掲載されています。

系統番号をクリックするだけなので、バス停や走っているバスの番号を見てからでも調べられました。

時刻表がなく、どれだけの本数が走っているのかわからないのは難点ですが、Wi-FiとBangkok City Bus Guideの組み合わせで、行動範囲はだいぶ広がりますよ。


新しいバスルートマップ

バンコクのバスを運行するBMTA(バンコク大量輸送局)も一応対策を始めているよう。

今まで気が付かなかっただけかもしれませんが、今回のタイ旅行で新たな表示を見つけました。

ひとつめは、バス停に付けられている小型タイプ。

バンコクのバスルートマップ

ランドマークや鉄道や船に乗り換えられる場所など、主なバス停がタイ語と英語で書かれています。

ある程度バンコクの地理が頭に入っていれば、ルートが想像できますね。

レギュラーバス、エクスプレスルート、エアコンバス、ナイトバスの区別も記号で表示されています。


もうひとつは、MBK近くのバス停で見た大型のバスルートマップ。

バンコクのバスルートマップ

バンコク中心部の地図の道路上に、そこを走るバス番号が書かれているもの。

すべての(?)バス停が記載された路線図もあるので、より詳しい情報も得られます。


バンコクへ行ったことはあるけれど、路線バスには乗ったことがないっていう人は多いんじゃないでしょうか。

思い切って乗ってみると、いつもと違うバンコクの雰囲気を味わえますよ。


ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



次の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-7】朝5時半オープンのレトロなカフェ「オンロックユン(ON LOK YUN / 円楽安)」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【2018年修行じゃないSFC修行 1-5】オリエンタルじゃないマンダリンホテルに到着 [タイ旅行2018年1月]

前の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-4】スワンナプーム空港から都心へ電車で移動

サムヤーン駅前の大きなお寺

<8:20>

スワンナプーム空港からエアポートレイルリンク(ARL)と地下鉄(MRTブルーライン)を乗り継いで到着したのはサムヤーン駅。

シーロム駅とフアランポーン駅の間という便利な立地だけれど、降りたのは初めてです。

バンコク旅行をした人でも、この駅を利用する人は少ないんじゃないかな。

ワット・フアランポーン

1番出口を出ると、見えてくる大きなお寺。

ワット・フアランポーンです。

日本のガイドブックにはほとんど載っていないけれど、実は”バンコクで一番得を積める”というお寺なのだそう。

ワット・フアランポーン

一部が改修中のようで、敷地の外(歩道)にお参りする場所が設けられていましたが、平日の朝にもかかわらず、たくさんの参拝客がいました。


タイの人って信仰心が厚いのだけれど、その分、いろんな欲も強いように思います。

まぁ、人間らしさがあって、それはそれでタイ人の魅力になっているんだけれど。

なので、徳を積んだあとにすることといえば宝くじを買うこと。

ワット・フアランポーン前の宝くじ売場

タイでは「宝くじを買って、どこそこのお寺にお参りしたら大当たりした」なんていう話が結構ニュースになったりします。

なのでタイのお寺の前には宝くじ売りの人が並んでいることが多くて、ここでもマダムが当たりそうなくじを真剣に選んでいました。


マンダリンホテル・マネージド・バイ・センターポイント

お参りはあらためてすることにして、ラマ4世通りをフアランポーン駅方面に200mほど進むと今回の宿「マンダリンホテル・マネージド・バイ・センターポイント‎」が見えてきました。

チャオプラヤ川沿いにあるラグジュアリーな「マンダリンオリエンタルホテル」と名前は似ているけれど、まったくの別のホテルなので注意してくださいね。

今回はタクシーをほとんど利用しなかったけれど、タクシーのドライバーが間違えることも結構あるそうです。


今回のSFC修行第1弾は、航空券とホテルがパックになったANAの「旅作」で手配しました。

関連記事
2018年、修行じゃないANA SFC修行を始めます
(2017年11月28日の記事)
本格的にANAの陸マイラー活動を始めて1年半。
マイレージに交換前のポイントを含め、35万マイル以上となりました…


一番安いプランのホテルだとバンコク中心部から離れていることと、口コミであまり良い評判を見かけなかったので、約21,000円(3泊分)プラスしてこのホテルにしたんです。

エントランス(車寄せ)が建物の下にあるためちょっと暗いので焦りますが、フロント周りは明るく広いのでちょっと安心しました。

まだ朝早い時間なので、スーツケースを預かってもらい、まずは朝食を食べに中華街方面へ向かいましょう。


ホテル基本情報

マンダリンホテル・マネージド・バイ・センターポイント
Mandarin Hotel Managed by Centre Point
662 Rama IV Road, Bang Rak, Bangkok, 10500 Thailand.
(662) 238-0230




ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

モッピー!お金がたまるポイントサイト


次の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-6】これは便利! バンコクの路線バスルートがわかるサイト
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

激動の2018年は230,000マイルまで回復でスタート 2018年1月末のANAマイル・ポイント実績 [航空券・マイル]


1月末時点でのマイル(交換前のポイント含む)実績。

ポイント名 ポイント数 マイレージ 増減 備考
ANA - - 140,777 25,229 フライトマイル7,172マイル
メトロポイントから18,000マイル移行
ANA VISA(通常) 623 6,230 +2,690 269pt増加
ANA VISA(ボーナス) 1,063 4,500 -6,750 1,003pt増加
PeXへ2,500pt移行
Gポイント 505 360 +0
東京メトロ 10,985 9,810 +450 .moneyから6,500pt移行
PeXから14,000pt移行
ANAへ20,000pt移行中
.money 1,204 1,080 -1,710 colleeeから3,600pt移行
ハピタスから12,000pt移行
メトロポイントへ18,300pt移行中
ハピタス 162 0 -10,800 116pt増加
.moneyへ12,000pt移行
ちょびリッチ 5,056 2,250 +2,250 4,482pt増加
ポイントインカム 15,649 900 +0 364pt増加
Colleee 491 0 -2,800 3,637pt増加
.moneyへ36,000pt移行
モッピー 9,332 8,100 +5,400 6,139pt増加
PeX 125,408 11,250 +11,250 163pt増加
ファンくるから56,000pt移行
テンタメから32,000pt移行
レシポ!から10,000pt移行
ANA VISA(ボーナス)から125,000pt移行
メトロポイントへ98,000pt移行中
ポイントタウン 32,878 1,350 +0 58pt増加
ファンくる 38,450 3,420 -2,070 33,430pt増加
PeXへ56,000pt移行
レシポ! 440 360 -900 PeXへ1,000pt移行
テンタメ 663 540 -2,880 PeXへ3,200pt移行
ちょコムポイント 860 360 +0
Point Exchange 4 0 +0
So-net 1,258 490 +20 28pt増加
フォートラベル 2,866 100 -100
.money→メトロポイント移行中 18,300 16,470 -
PeX→メトロポイント移行中 98,000 8,820 -
メトロポイント→ANA移行中 20,000 18,000 -
ANAマイル合計 - - 235,167 +26,039
※スマートフォンは表を横スクロールできます。
※ポイント名をクリックすると、各ポイントサイトに飛びます。(登録でポイントがもらえるものもあります。)

2018年修行じゃないSFC修行開始

ソラチカルート閉鎖という激震から始まった2018年の陸マイラー業界。

ですが、以前から書いているとおり、今年は修行ではないSFC修行を目標に、タイ旅行を楽しみながらプレミアムポイントを稼ごうと思っています。

第1弾として、先日、プレミアムエコノミーでバンコク往復をしてきました。

関連記事
【2018年修行じゃないSFC修行 1-1】初めての羽田空港「ANA LOUNGE」
(2018年1月20日の記事)
仕事を定時で終え、一度帰宅してからいざ羽田へ…


費用は飛行機+ホテル(旅作)で121,070円。

もちろんポイントからマイレージ経由で交換したSKYコインで全額支払ったので、現金の持出しはなし。

獲得したプレミアムポイントは9,406ポイントで、マイレージは7,172マイル。

それに加えて「ちょびリッチ」から旅作の購入をしたので4,200ポイント、つまり1,890マイル相当ももらえ、合計9,062マイルが増えたことになります。

順調に増加して235,000マイル超え

その他のポイントも含め1月は26,000マイル分が増加し、合計23万マイル超えとなりました。

2016年5月からのマイル数推移はこんな感じ。

Yum180201001.jpg

SFC修行用のバンコク4往復分の手配がまだなので、3月末までにもう少し増やしておきたいなぁ。


今月は「Apple PayのiD利用でワールドプレゼントのポイント10倍」キャンペーンが大きかったですね。

2018年のSFC修行に向け、12月に初めてミラーレス一眼をヨドバシカメラで購入したのですが、その代金が10万円弱。

現金やクレジットカード(要アプリ)で支払えばヨドバシのゴールドポイントは10%ですが、iDで支払った場合は8%になってしまいます。

普段であればiDで支払うことはないのですが、今回のキャンペーンでは1,000円でボーナスポイントが9ポイントもらえるので、PeX経由で4.05%分のマイルになる計算。

つまり、ポイントの2%差を逆転してしまうので、iD決済にしました。

そのほかにもiDを積極的に使い、ボーナスポイントを1,003ポイント(4,513マイル分)獲得することができました。

美味しいものを食べて飲んでマイル獲得!

そして、毎回のことながら、今月も美味しい思いをしながらマイルを獲得したのが「ファンくる」

「ファンくる」は、モニターだという身分を隠してレストランや居酒屋などで飲食をし、画像提出やアンケートに答えるだけでANAマイルや現金に交換できるポイントがもらえるサイト。人気のモニターは競争率が高いですが、キャンセル待ちもできます。

1月も、ファミリーレストラン、ラーメン屋、商品購入などのモニターに当選。約33,000pt(約3,000マイル分)の増加
お腹一杯食べて、お酒を飲んで、簡単なアンケートに答えるだけで、こんなにマイル(に交換できるポイント)を貰えるんだから言うことなし。

1月も、このブログからたくさんの人が「ファンくる」に登録してくれました。
あまり人数が増えると競争率があがってしまうので困る面もあるのですが、グルメモニター未体験の人は、ぜひ「ファンくる」に登録してみてください。

ファンくる紹介キャンペーン中

下の画像をクリックして登録をすると3,000Rポイント(300円相当=270マイル)がもらえます。
※この画像、もしくは記事内の文字リンクをクリックしないで直接サイトに行って登録した場合はポイントが貰えないので注意してください。
ファンくる紹介キャンペーン

ポイントサイトでANAマイレージを貯めると、意外なほど簡単にタダでタイ旅行へ行けますよ。


ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ タイ・ブログランキング

注目記事
キットカット サブリムルビー50%還元【キットカットサブリムルビー】テレビやネットで話題騒然のピンクのチョコレートを半額で買う方法
(2018年1月26日の記事)
2018年のバレンタインももうすぐ。
今年のバレンタインチョコレートの中で、テレビやネットで話題になっているのが「キットカット サブリムルビー」…




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

【2018年修行じゃないSFC修行 1-4】スワンナプーム空港から都心へ電車で移動 [タイ旅行2018年1月]

前の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-3】スワンナプーム空港のお得な両替所情報

空港地下から乗れるエアポートレイルリンク


<7:15>

両替を済ませ、タクシーではなく久しぶりに空港鉄道(エアポートレイルリンク・ARL)と地下鉄(MRTブルーライン)でホテルへ向かいましょう。

Airport Rail Link
http://www.srtet.co.th/

エアポートレイルリンクの自動販売機

自動販売機はタッチパネル式。

最初はタイ語表示になっているので、右上の「English」のボタンを押すと英語表示に切り替わります。

スワンナプーム駅(A1・Suvarnabhumi)から乗換駅のマッカサン駅(A6・Makkasan)までは35バーツでした。

出てくるのは切符ではなく、プラスチックのコインのようなトークンと呼ばれるもの。

これを入る時には自動改札機にタッチし、出るときには投入口に入れるとゲートが開きます。

Yum180125002.jpg

このタイプの自動改札機を利用した人はわかると思いますが、開閉のタイミングがいつまでたっても慣れないんだよなぁ。

開くタイミングはワンテンポ遅いし、そのくせ閉まるのが早い。

あの赤い羽に挟まれたことは一度や二度ではないはず。

これが結構痛いんですよ。

どうやら羽の少し先にセンサーがあって、そこを人や物が通るとすでに通過したものとみなし、ゲートを閉めるらしい。

なので、スーツケースを前にして通ろうとすると人が通る時にセンサーが働いてしまって挟まれることが多くなるようなので、スーツケースは後ろにして通ったほうが被害は少なくて済みそう。

そんな自動改札機のスリルを味わい、エスカレーターで下りた地下2階がホームです。

スワンナプーム駅ホーム

空港駅はホームドア付き。

到着した電車の側面には「EXPRESS」の文字が。

今はなき元エクスプレスライン(急行)用の車両でした。

車内はすっかりシティーライン(各駅停車)用に改造され、プラスチックのロングシートになっています。

発車してすぐに地下から地上(高架)を走るようになり、バンコク郊外の風景を見ることができます。

都心に向かうにつれ、どんどんマンションが増えていきます。

始発駅のスワンナプーム駅では空席もあったのですが、次のラートクラバン駅からは通勤客がどんどん乗り込んできて、ついには途中駅で積み残しが出るほど。

バンコクの通勤ラッシュは、年々ひどくなっていっているようですね。

ただ、満員なのに無理にでも目の前の電車に乗ろうとする日本人と違って、ある程度の混雑度になると次の電車を待つタイの人たち。

とてもお行儀よく感じます。


地下鉄との乗り換えはマッカサン駅


Yum180125004.jpg

<7:45>

20分ほどでマッカサン駅に到着。

マッカサン駅

地下鉄との乗換駅なので、多くの人が下車しました。

マッカサン駅

改札口を出て、表示に従い地下鉄(MRT)のペッチャブリー駅を目指します。

バンコクではエアポートレイルリンク(ARL)、地下鉄(MRT)、高架鉄道(BTS)の運営会社が異なるためか、乗換駅であっても駅名が違うことが多く、初めての人は戸惑うはず。

覚えてしまえば何てことないのですが。

主な乗換駅は以下のとおり。

マッカサン駅(ARL)とペッチャブリー駅(MRT)
スクンビット駅(MRT)とアソーク駅(BTS)
シーロム駅(MRT)とサラデーン駅(BTS)
チャトゥチャック公園駅(MRT)とモーチット駅(BTS)


自分がここの乗り換えを使っていた頃はまだ連絡通路ができておらず、地上をスーツケースを引っ張って歩いていました。

歩道と車道の段差は大きいし、おまけにARLと並行して地上を走っている国鉄(SRT)の踏切を渡らなければなりませんでした。

マッカサン駅

今は改札階からそのまま道路を横断する連絡通路ができたので、ちょっと距離はありますが、比較的スムーズに地下鉄への乗り換えができます。

左上に見えるのが連絡通路です。

下を見ると、アソーク通りは渋滞中。

国鉄マッカサン駅

ちょうどバンコク駅(フアランポーン駅)行きの客車列車が到着しました。

この列車からも地下鉄へ乗り換えるであろう人たちが降りてきています。

そういえば、昔はここに通勤客狙いの食べ物の屋台が出ていましたが、すっかりいなくなっていますね。

ちょっと寂しいなぁ。


<8:00>

エスカレーターで地下に下り、地下鉄(MRTブルーライン)に乗ります。

自動販売機と自動改札はARLと同じ。

ホテルの最寄駅サムヤーン駅までは28バーツでした。

ペッチャブリー駅ホーム

地下鉄は全駅ホームドア付きです。

電車を待っている間、スマートホンをいじる姿は日本もタイも同じですね。

フアランポーン駅行きに乗り、終点の一駅手前のサムヤーン駅までは約15分でした。


スワンナプーム空港からの移動手段比較

電車
・安い(今回は合計63バーツ)
・ある程度時間が読める
・大きな荷物を持っての乗り換え、駅からの移動が必要
・ラッシュ時間帯は混む

タクシー
・少々高い(空港使用料、高速料金などを含めると400〜500バーツ)
・荷物を持っての移動は必要ない
・渋滞にはまるとかなり時間がかかる
・女性一人だと少々不安

どちらが良いのか時間帯や人数によりケースバイケースだとは思うのですが、今回はスムーズだったので電車移動で正解でした。

ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ タイ・ブログランキング

注目記事
キットカット サブリムルビー50%還元【キットカットサブリムルビー】テレビやネットで話題騒然のピンクのチョコレートを半額で買う方法
(2018年1月26日の記事)
2018年のバレンタインももうすぐ。
今年のバレンタインチョコレートの中で、テレビやネットで話題になっているのが「キットカット サブリムルビー」…


【ANAマイル派も現金派も必見!】
【このハピタスポイントでバンコクへタダで行けました!】
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑↑バナーをクリックしてすぐに登録↑↑
↑↑このバナーからの登録で紹介ポイント30ptプレゼント↑↑

次の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-5】オリエンタルじゃないマンダリンホテルに到着
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【2018年修行じゃないSFC修行 1-3】スワンナプーム空港のお得な両替所情報 [タイ旅行2018年1月]

前の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-2】初プレミアムエコノミーでバンコクへ

少し遅れて到着した結果…


<6:00>(ここからバンコク時間。日本時間-2時間)

少し遅れてバンコク・スワンナプーム空港に到着。

Yum180124001.jpg

外はまだ真っ暗です。

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港名物の長~い通路(動く歩道)を青い「Immigration」のサインどおり歩けば、ほどなくイミグレーションが見えてきます。

スワンナプーム空港イミグレーション

うわ、久しぶりに混んでる…。

去年の6月に比べて約1時間到着が遅かったせいか、すでに窓口前のスペースは人で埋まり、手前の通路まであふれ出しそうなほど。

この時間帯は各国からの到着便が重なるので、わずかな時間差が命取りになります。

ここでは入出国カードが必要になるので、事前に機内で入手して記入しておきましょう。

カードを持っていなかったため、列の途中でチェックしていた係員に、イミグレーションの手前にあるカウンターで書いてから並びなおすよう言われていた人がたくさんいました。

2017年10月から新しい書式になっているので、詳しくは観光庁のページをどうぞ。

【入出国カード】2017年10月1日より変更(タイ国政府観光庁)
https://www.thailandtravel.or.jp/news/23271/


人は多かったものの、意外と列はスムーズに動き、結局30分ほどで入国することができました。

ただいま、バンコク!

スワンナプーム空港

入国審査に時間がかかったので、荷物はすでにターンテーブルの上で回っていました。

せっかくの優先手荷物タグも意味なし…。


空港で両替するならここ


<6:50>

タイに着いてまずしなければいけないのは、タイの通貨、バーツを手に入れること。

バーツがなければタクシーにも電車にも乗れません。

ところが到着フロアをはじめ空港建物内の両替所は手数料の協定があり、街中に比べ、かなり悪いレートなんです。

日本の空港よりはマシですが。

スワンナプーム空港内の両替レート

一応チェックしてみると、この日は0.264なので、1万円が2,640バーツになる計算。(1バーツ=3.79円)

自分はまだ前回の残りのバーツがありますが、今回は久しぶりに空港鉄道(エアポートレイルリンク・ARL)に乗って都心を目指すので、噂の改札前の両替所をチェックしてみましょう。

この改札前の両替所は、空港建物から一歩出た鉄道会社の敷地ということだからか、協定が適用されず、かなり良いレートとのことなんです。

スワンナプーム空港到着フロア

到着フロアは2階なので、ベルト式の長いエスカレーターで改札口のある地下1階へ。

地下へ下りてから見えてくるスロープを進むと、カラフルな両替所のブースが見えてきます。

スワンナプーム空港改札前の両替所

開いていたのはオレンジの「スーパーリッチ(Super Rich)」、黄色と青の「ハッピーリッチ(HAPPY RICH)」、赤の「バリュープラス(Value Plus)」。

気になるレートは、「ハッピーリッチ」が0.2870、その他の2つが0.2865でした。

ハッピーリッチ(HAPPY RICH)のブース

1万円だけ両替しても230バーツも差があるという、予想以上の結果でした。(1バーツ=3.48円)

ちなみに人が多く並んでいる両替所が必ずしもレートが良い訳ではないので、ディスプレイを自分の目で確かめてから両替しましょう。


ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ タイ・ブログランキング

注目記事
キットカット サブリムルビー50%還元【キットカットサブリムルビー】テレビやネットで話題騒然のピンクのチョコレートを半額で買う方法
(2018年1月26日の記事)
2018年のバレンタインももうすぐ。
今年のバレンタインチョコレートの中で、テレビやネットで話題になっているのが「キットカット サブリムルビー」…




次の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-4】スワンナプーム空港から都心へ電車で移動

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ANAバンコク便増発分は本日から販売。なんと往復45,600円! [ニュース]

ANAのバンコク便が2018年6月1日から1往復増発され、羽田発着3往復、成田発着2往復の合計5往復になることはすでにお伝えしました。

関連記事
ANA 羽田-バンコク便が6月1日より増発! 成田とあわせて1日5往復に!
(2018年1月19日の記事)
タイ旅行好きにとって嬉しいニュースが飛び込んできました…


増発便のスケジュールは以下のとおり。

羽田 00:55 <NH877> 05:25 バンコク
バンコク 13:55 <NH878> 22:15 羽田
※毎日運行
※使用機材:ボーイング787-8(ビジネスクラス42席、エコノミークラス198席)

本日、1月23日から販売が開始されましたが、価格を検索してみたところ、往復で45,600円(各種税金、燃油特別付加運賃等を含む)となっていました。

Yum180123001.jpg

予約クラスはLです。

お盆期間を除く夏休み期間も同じ価格のようです。

ただし、プレミアムエコノミーの設定がないため、SFC修行には使えないのが残念。

でも、夏休みにタイ旅行を計画している人には嬉しい価格なのではないでしょうか。


ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ タイ・ブログランキング

注目記事
キットカット サブリムルビー50%還元【キットカットサブリムルビー】テレビやネットで話題騒然のピンクのチョコレートを半額で買う方法
(2018年1月26日の記事)
2018年のバレンタインももうすぐ。
今年のバレンタインチョコレートの中で、テレビやネットで話題になっているのが「キットカット サブリムルビー」…


【ANAマイル派も現金派も必見!】
【このハピタスポイントでバンコクへタダで行けました!】
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑↑バナーをクリックしてすぐに登録↑↑
↑↑このバナーからの登録で紹介ポイント30ptプレゼント↑↑

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -