So-net無料ブログ作成

【2018年修行じゃないSFC修行 1-9】バンコクにある、ひと昔前の秋葉原パーツ街? Soi Thip Wari [タイ旅行 2018年1月]

前の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 1-8】博物館級!? バンコクで一番レトロなナイチンゲール・オリンピック・デパート

バンコク老舗デパート近くのSoi Thip Wari

ナイチンゲール・オリンピックでの衝撃があまりにも強かったので、冷静さを取り戻すために辺りを散歩してみましょうかね。

すぐ近くのSoi Thip Wariというソイ(細い通り)が何やら賑やか。

Soi Thip Wari

何があるのかわからないけれど、面白そうなんで、いざ突入。

まるでひと昔前の秋葉原パーツ街

幅の狭い一方通行の道の両側には、ごちゃごちゃとした物を売っている店が連なっています。

Soi Thip Wari

よく見ると、電気製品の部品、LEDなどの照明器具、カーオーディオなど。

つまり、ひと昔前の秋葉原のパーツ街にあったような店がずっと奥まで続いているんです。

Soi Thip Wari

商品を売るだけでなく、路上にテーブルを出しパラソルの下でさまざまな電化製品を修理する人たちがいるのはバンコクらしい風景。

今の秋葉原同様、パソコンやスマートフォンを取り扱う店が集まった「電脳街」というエリア(パンティッププラザやフォーチュンタウンなど)もあるけれど、一方でこういった懐かしい雰囲気が残っているのはバンコクのいいところだと思います。


このソイの近くにあった路地(というか、建物と建物の間のすき間)の屋台がおいしそう…。

Yum18032904.jpg


基本情報

Soi Thip Wari




ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント