So-net無料ブログ作成

【2018年修行じゃないSFC修行 2-1】2度目の羽田空港ANAラウンジでテレビロケ中の「ラウンジの鬼」に遭遇 [タイ旅行 2018年3月]

「2018年修行じゃないSFC修行 第1弾」に続き、「第2弾」の「SFC修行」の部分、つまり往復のフライトに関連する部分を先に書いておこうと思います。

目次


・2度目のラウンジで夕食
・ANAラウンジでテレビロケに遭遇

2度目のラウンジで夕食

「2018年修行じゃないSFC修行 第2弾」は3月。

今回も深夜便で羽田からバンコク(スワンナプーム空港)へと向かいます。

羽田(HND) 00:30 <NH849> 05:35 バンコク・スワンナプーム(BKK)
ボーイング787-9


<21:40>

羽田空港国際線ターミナルに到着。

先に2階でレンタルWi-Fiを受け取り、3階の出発ロビーへ。

ANAのゴールドカードがあるので、空いているビジネスクラスカウンターで手続きを済ませました。

今回もプレミアムポイントが100%貯まるプレミアムエコノミー。

オレンジ色の優先手荷物タグが付けられます。


まだだいぶ時間があるので、恒例の江戸小路巡りをしておきましょうかね。

Yum18050701.jpg

エスカレーターに乗り4階に上がると鮮やかなピンクの桜の装飾が目に入ってきます。

ちょうど切り替え時期だったようで、少し早めのお花見になりました。

この時は、まさか本物の桜があんなに早く咲くとは思ってもいませんでしたが。


<22:25>

保安検査、出国手続きも比較的スムーズに済み、110番ゲート近くのANAラウンジへ。

Yum18050702.jpg

初めてだった前回とは違い、迷うことなく席を確保。

今回も仕事が終わってから家に寄ったものの食事はとっていないので、ここで少し遅めの夕食です。

Yum18050703.jpg

まずはサラダ、おにぎり(明太子)、味噌汁、グリルチキンとミックスベジタブルローストガーリック風味。

このグリルチキンは前回も食べましたが、お気に入りです。

そしてヌードルコーナーではとんこつラーメンをオーダーしました。

量が少なめでクセも少ないので、搭乗前にはちょうどいいですね。

確か、カレーも食べたのですが、明らかに食べすぎ。

あとは寝るだけなのに。

空腹のままラウンジに来ると駄目ですね。

食後に少し白ワインを飲もうかと思ったらアルコールが置いてあるコーナーに見当たらず。

おかしいなぁ。

確か前回はあったはずなんだけど。

近くのスタッフの方に聞いてみると、なんと品切れとのこと。

そんなこともあるんですね。

まぁ、絶対に飲まなくちゃというわけでもなかったのでソフトドリンクを注いでからうろうろしていたら、さっきのスタッフの方が

「お客様、白ワインの在庫が見つかりました」

と、声をかけてくれました。

わざわざ探してきてくださったようです。

ありがとうございました。

ANAラウンジでテレビロケに遭遇

そんなやりとりをしていたら、静かだったラウンジ内がザワザワしている様子。

何だろうと思ってその方向を見ると、どうやらテレビクルーが撮影をしているのが見えました。

そしてその中心にいたのが高橋真麻とブルゾンちえみのお二人。

どうやらANAラウンジを紹介する番組の撮影のようです。

普通だったら大騒ぎになるのかもしれませんが、さすがラウンジを利用するような人たちは静かに見守っていました。


どこのテレビ局で何の番組かわからなかったので、この撮影のことをすっかり忘れていた4月某日。

この日もバンコクへ向かうため職場から自宅に寄り、何気なくテレビを点けたところ、偶然この様子が放送されていてびっくり。

日本テレビの「沸騰ワード10」という番組で、高橋真麻が「ラウンジの鬼」として、初ビジネスクラスで香港へ向かうブルゾンちえみにラウンジの使い方を指南するというもの。

すぐに羽田へ向かうため、ゆっくり見ている時間がなく録画をしておいたのですが、知らず知らずのうちに結構映りこんでいました。

いやぁ、お恥ずかしい。


日付けが変わる前、搭乗ゲートへと向かいます。


ランキング参加中です。よろしければ、↓のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ



次の記事:
【2018年修行じゃないSFC修行 2-2】プレミアムエコノミーで最良のシート? NH849便でバンコクへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント